FC2ブログ

ヤマカゼモード

2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOPコンサート/イベント ≫ 反芻日誌 「代々木オーラス編」

反芻日誌 「代々木オーラス編」

相変わらず随所に配慮が感じられるメールに感動しました。
やむを得ずツアーに参加できなかった友人も、
最後のくだりを読んで喜んでおりましたよ。
そう、行けなかった方も五万といらっしゃるんですもんね。
その心遣いに拍手でございます。
あーなんていい奴なんだ、まつもっさん。
つい先日、「今笑った奴死ぬぜ?(※)」と言い放った人とは思えません。

(※24日MCでの一幕「もし家に居る時地震が起きたら座布団を持つ」と答えた松本さんに対して客席から、
「え?座布団?」みたいな笑いが起き、それに対して松本さんが言い放ったひとこと)



ではでは。
以下、「反芻日誌代々木編」でございます。
最後の挨拶の様子を覚えてる範囲でツラツラと綴ってみました。

 見返したら、めっさ長かったです・・・てか、途中飽きました(笑)
 いやぁ・・・文才の無い自分にビックリだ。
 あと、誤字脱字があったらスンマセン。
 気が向いたら直します(笑)


まず最初は松本さん。
「日々抱えてる問題などを忘れ楽しんでくれるのが、僕らにとって嬉しい事です」と、
ゆっくり、そしてひとことひとこと言葉を選びながら話してる様子でした。
今日の迷惑メールにもありましたけど、
「持ちつ持たれつ」の話では、「そんな関係が凄く嬉しい」と、仰ってて、
まさにその通りの関係だなーと思いながら聞いてました。
「相思相愛」も素敵ですけど、ワタクシ個人的には「持ちつ持たれつ」という言葉が
嵐とファンとの関係を一番よく表してる気がして好きです。


「疲れたとき、嫌な事があったとき、楽しみたいとき、
この幸せを俺らに分けてあげてぇ~と思ったとき、
またライブ会場に足を運んで頂ければ嬉しいなと思います」

こういう事を言われると思うわけですよ。
建前が言えない松本さんに、こう言われると思うわけですよ、

ぜってぇ運ぶ!ぜってぇ行く!
私のショボイ小指の先程度の幸せでもいいなら抱えて持っていくから、
またいつかコンサートがあったときは、疲れや嫌な事全て忘れさせてくれーーー!!!!
と。

「持ちつ持たれつ」って素敵な言葉だなーってしみじみ思います。




そして次は相葉ちゃん。
「終わりだと思うと凄い淋しいんだよね、凄い淋しい・・・」
と、言葉に詰まりながらうつむいてしまい、
みんなの「ガバレー!」という気持ちのともいえる歓声が響く中、
スクリーンには涙を堪える相葉ちゃんのアップが映し出されました。
相葉ちゃんアナタって人はホントにもう・・・
なんて顔してんだよー!めっさ可愛いやんけアホー!
そんな相葉ちゃんを見てたら塞き止めていた私の涙腺が決壊。
もう涙やら鼻水がデロデロで、フッと横を見たら隣もデロデロで(笑)
なんやもー、みんなデロデロでした(笑)



それから次はニノ。
今までの涙涙の挨拶からガラリと変わって
「どうもありがとうございましたー」と軽~く始まったので
そのギャップに思わず吹き出してしまいました。
ニノのこういうところ、ニノらしくて大好きです!
そして改めて話し始めたニノは、
相葉ちゃんのように泣こうと上を見上げ必死に瞬きをしてました(笑)
そして、ニッキにもあったように、松本さんから

「俺らみたいに冷たい人間は泣けないから」

と言われてしまい、場内爆笑(笑)
そんな風に、笑いで会場やメンバーを和ませてくれたニノでしたが、
コンサートで盛り上がった勢いをバトンに置き換え、
「このまま相葉ちゃんの舞台にバトンを渡せる」とホッとした様子で語り、

「そのバトンの渡し役として、皆が居る」

と、素敵な台詞をサラリと言ってのけ、
会場からはオオ~~~!という歓声が起きてました。
やっぱりツボはガッツリ抑えてますね。

ちなみにニノにとって、コンサートをやって良かったなーと思う事は、
「 タカとキスが出来た事 」だそうで(笑)
やはり何をもってしても『ファイナル・ラブ(梅風味)』には敵わないようです(笑)



続いて櫻井さん。
めっさ男気溢れてらっしゃいました。
ああいう場面で「黙って着いて来ればいいから」みたいな事が言える櫻井さんが素敵です。
しかもあえてボソボソと言う所が、デコピンしたいくらい素敵です(笑)
でも、「いざッ、Now」のことを「元」アルバムと言った時は、
正直頭の上に「?」が並びましたけど・・・(笑)



そして最後は、凄く幸せそうな表情で話す大ちゃん。
「やっぱファンの子見てると元気になるわ」と、とても実感を込めてポツリとつぶやき、
しばらくして笑いながら「ほんっとに!」と付け加える大ちゃん。
そのあとの「これからも着いて来てネ」が、すっっごく可愛くて、
語尾の「ネ」を聞いた途端、思わず崩れ落ちそうになりました。
あれは反則ですわ・・・。
「すっごい楽しかった!」って言った顔も本当に充実した満面の笑顔で、
最後は涙声で「今日は、ホンッとにありがとぉ・・・」って言うもんだから
また涙がブワーっと流れてきて・・・もう・・さとっさんには終始ヤラれっぱなしでした。




そして最後の曲の「風見鶏」
ステージ上段に垂れ幕を掲げたジュニアが一斉に登場し、
メインステージでは5人が横一列で揺れながら満面の笑みで歌い、
歌が終わると(大ちゃんか相葉ちゃん)の擦れた「ありがとぉ・・・」が響き、
スクリーンにはタオルで顔を覆いながら泣いている大ちゃんのアップが映ってました。
そしてそんなリーダーに近寄り、
「どーしたリーダー!」
と笑いながら肩を抱き寄せる松本さんと、
その横で今にもクシャクシャに泣いてしまいそうな相葉ちゃんと、
泣いてる二人に近付きながら言葉を掛けるニノと櫻井さんを見ながら

なんて微笑ましい光景なんだと。

なんていいグループなんだと。


改めて実感致しました。
そして改めて、嵐を好きでよかったなーとしみじみ思いました。



場内はメンバーの声も聞こえないくらいの歓声で。
そんな中、目も鼻も真っ赤になった顔をタオルから覗かせ、
泣きはらした笑顔で大ちゃんが
「だめだ俺・・・」
と言ったと思ったら、反対端で相葉ちゃんが号泣。
しかも泣き顔を隠すために客席に背を向けて必死に堪えてて。
そんな相葉ちゃんを櫻井さんがとっても優しい笑顔で
立ち位置まで手を繋いで連れ戻して、正面を向かせてあげてたんですが・・・
もう・・・その光景が本当に本当に素敵でした。
24時間テレビでガッツリ抱き合った瞬間を思い出させるような、そんな素敵な光景でした。


そして、最後は「30万人を代表してみんなに言いたい、一ヶ月間どうもありがとう!」
という松本さんの挨拶で全てが終了し、短い夏が終わってしまい、
私はしばらく座席で放心状態でした。



そしてあれから日帰りで帰宅し、
当たり前のようにお腹が空き、
当たり前のように眠くなり、
仕事なんかやってらんねー!と思いながら、二日が経ちました。
大ちゃんの言葉を借りて言うならば「アッという間もいいとこ」です。
こうして少しずつ元の生活に戻りながら、次の楽しみを糧に
舞台とアレグリア・・・じゃなくて櫻井映画を待ちながら
日々頑張らないといけないんですよねー。


今年の夏は本当に楽しかったです。
お世話になった皆さん、どうもありがとうございました。
ひとっさん、本当にいつもいつもどうもありがとう!
相葉ちゃんの「世話ないわ」に反応したアナタが大好きです(笑)
(見てないかな?見てるといいなー)(※私信でございました)

最後に・・・


嵐最高ーー!!


大好きだーー!!



DVD期待してるよ★
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
どうも!お久しぶりです!
素敵レポ読ませていただきましたーーー☆もう読んでるだけでウルウル…リーダーのだめだ俺発言で泣きました。笑
リーダーからのメールに始まり潤くんのモチツモタレズ相思相愛メールとかコンサート終わったはずなのにこんなに幸せさめやらぬのはなぜなんでしょー
もう嵐が愛おしすぎてしかたがないです。
嵐もファンも最高ですね!あーこれからもヨロシクですー!
2005年08月27日(Sat) 01:00
No title
編集
はじめまして!こんばんは!
レポ読ませていただきました。
もうボロボロ泣きました。。。
やっぱり嵐ってすごく素敵なグループだなって思いました。
ホントにこれからも応援していこうと思いました。
レポ、どうもありがとうございました。
2005年08月27日(Sat) 03:40
No title
編集
■みィさん
 こんにちは、お久しぶりです!
 読んで頂いてありがとうございました。
 大ちゃんのあの発言は笑いながらだったので、余計にジーンとしました。
 本当にいい夏でしたね、しばらくは余韻を楽しみましょうね。
 こちらこそ、ヨロシクです。
 コメントどうもありがとうございました♪


■ドナルドさん
 はじめまして、こんにちは。
 私も思い出しながら泣いてしまいました(アホですみません)
 嵐は本当に素敵なグループですよねー。
 油断するとうっかり泣かされてしまうほど。

 こちらこそ読んで頂きまして、ありがとうございました!
 また是非いらして下さいませ。
2005年08月27日(Sat) 17:02












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL