ヤマカゼモード

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 雑誌
CATEGORY ≫ 雑誌
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

カレンダーについて言わせていただくぜい。

毎年期待を裏切る嵐カレンダー。
いい意味で裏切ってくれる年もあれば
そうでない年もあったりで。
今年はどっちだろう。

うーん・・・

というわけで
以下、カレンダーについて物申します。
毒吐きますので、今年のカレンダーを
めっさんこ気に入ってる方は覗かないでね。
見ちゃヤーよ。

ではツラツラと。
スポンサーサイト

チラッと見てじっくり読んだ。

帰宅してすぐ写真集をパラパラと見まして。
画質の荒さにちょっとビックリしつつ、
最後のインタビューだけはじっくり読みました。
やっぱり5人が語ってる活字はいいね。
嵐を感じられる。

そんな5人のコトバを噛み締めながら
Re(mark)ableを聴きながら
明日のステージを想像しながら
今日はこのまま寝ます。

明日・・・あ、もう今日か。
行かれる方、盛り上がっちゃいましょう!
ガッッッッッツリ楽しんじゃいましょう!!


ヨッシャ!



まってろよーあらしー!!

好きな写真はいろいろです。

例えば。
ベンチに座ってお弁当を食べてるサンタとか。
サスペンダーと眼鏡とか。
並木道で読書とか。
耳ウサギとか。


というわけで。
今月もかなりツボです。

下町の路地裏と松本潤

いやぁ~ミスマッチがいいなー。
ちなみに今後見てみたいシチュエーションは、お寺と松本潤。
たぶんちょっとミスマッチ。
でもきっとステキだと思う。
あ、そいえば紙質が良くなったね、ROADSHOW。

プロの涙

泣き顔まつもと我が街にはTOHO系列の映画館が無いので
いつもお世話になってるお友達が送ってくれました。


あーりーがーとーー!!




『映画に泣く』をテーマに撮られた写真たちも然ることながら
テキストの中の松本さんもいい。
コトバの節々に松本さんらしさを感じる。

役者は面白いし一生懸命やってるけど
365日それを職業としてやっている人たちに比べて
自分が芝居に費やしてる時間はわずか。
だから後ろめたい気持ちも抱いている

と正直に話す松本さん。

『隠し砦』に関しても、映画の規模よりも
どういう人たちとどういう事が出来たのかが重要と語る松本さん。
でも常に追う立場であると言う松本さん。
貪欲さは持っている松本さん。


アハーン。
なーんかカッコイイのう。
決して長くはない、いつもと同じようなインタビュー内容を読みながら
やっぱり松本さんだなーとしみじみ思いました。

お届け物 その弐

カレンダー2008-2009桐の箱に入った高価な果物があるじゃないですか?
もう、ああいう扱いですよね、嵐くんたちのカレンダー。

というわけで。
すごく頑丈で立派な箱に入ったカレンダー。
めっさいいッスね!
しかも別冊付録がこんなにステキなんて!
いやぁもうね、私の中では
歴代カレンダー最高傑作かもしれません。
5人のビジュアルも含めて最高の写真ばかりで
小さい写真たちもどれもこれも表情がいい!
水鉄砲とかスイカ割とか、
おバカな姿もカッコイイ姿も盛りだくさんで
2000円でいいんスか?って感じですわ。
いやぁ~ホントいいッ。
めっさいいッ!
何度見ても全然飽きないわー。
いやぁ~・・・
いいわーーーーー(しつこい)


ちなみに私のお気に入りベスト5は・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。